マイナンバー制度をかたった詐欺に注意してください


ページ番号1003097  更新日 2018年2月15日


 マイナンバー制度をかたった不審な電話、メール、手紙、訪問等には十分注意してください。

国のコールセンター等に、マイナンバー制度に便乗した詐欺や不正な勧誘、個人情報の取得を行おうとする案件の情報が寄せられています。

●マイナンバーに関して、国や田原市役所が、口座番号や口座の暗証番号、所得や資産の情報、家族構成などを聞いたり、お金やキャッシュカードを要求したりすることは一切ありません。ATMの操作をお願いすることも一切ありません。そのような電話や手紙、訪問には応じないでください。

●マイナンバーの安全管理対応の困難さを過度に誇張した商品販売や不正な勧誘などには十分注意してください。(例)高額な金庫の販売、マイナンバーを有料で管理しますとの電話など。

●「あなたの名前やマイナンバーを貸してほしい」といった依頼は詐欺の手口です。教えないでください。また、不正な提供依頼を受けて自分のマイナンバーを他人に教えたからといって、罪にはなりません。刑事事件になると言ってお金を取られる詐欺が発生しています。注意してください。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


総務部 総務課
電話:0531-23-3506 ファクス:0531-23-0180


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Tahara City. All Rights Reserved.